PASTEL RECORDS

「好奇心とやすらぎの音楽」というキーワードで、エレクトロニカ、フォーク、アコーステックを中心に世界のインディペンデント・ミュージックを紹介しております。

Nils Frahm「Music for the Motion Picture Victoria」〜セバスチャン・シッパー監督、最新作映画のスコアをニルス・フラームが担当!

      2015/06/30

ERATP071_cover

今年の、”Piano Day”に合わせてリリースされた、ピアノ・ソロ・アルバム「Solo」続く、Nils Frahm(ニルス・フラーム)の最新作は、セバスチャン・シッパー監督の映画「Victoria」のサウンド・トラックです。

「Victoria」は、今年のベルリン映画祭で芸術貢献賞を受賞。また、ドイツのアカデミー賞といわれるドイツ映画賞では、サウンドトラック部門を含む計7部門にノミネートされた、話題の作品です。セバスチャン・シッパーは、「ラン・ローラ・ラン」「ルートヴィヒ 」などに出演している俳優で、映画監督としては、2002年に公開された「GIGANTIC ギガンティック」がデビュー作でその後、「僕の友達」〜「Mitte Ende August」と監督を務めています。

「Victoria」は第4作目となる作品ということですね。一人の若いスペイン人女性が、ベルリンの街で、4人の若い男性と知り合い、そのまま銀行強盗を手伝うことに…。この作品についてはこちらと、こちらの記事が詳しいのでご参照を。ちなみにこの映画、役者さんは、ほとんどすべてが即興、ワンテイク。ということで、ずっとカメラを回したまま撮影されていて編集は一切加えられていないんだとか…すごい。

音楽の方は、作品の冒頭で、DJ Koze がエディットした”Burn With Me”で始まり、Nils Frahmの作品というイメージとは違ったスタートなんですが、それ以外は、ニルスフラーム独特の、優しさと、映画での世界を反映した冷酷さをどこか冷めた視点で淡々と炙りだすような…そんな印象のサウンドでしょうか?

正直、じっくりと聴くことができるのが、"Them"だけなんで、あとはErased Tapesのウエブサイトでの短い試聴でしかイメージできないのですが、チェロにAnne Müller、バイオリンにはViktor Orri Árnason、そしてギターにErik K. Skodvinが参加し、半端な映画音楽にはなっていないはず。それにしても"Them"は本当にうっとりと、どこか危うさも入り混じった美しい曲です。こちらは6月中旬頃入荷予定です。

 

▼Erased Tapes( http://www.erasedtapes.com/store
2015-06-08 23.55.21

 

 

▼Nils Frahm「Music for the Motion Picture Victoria」購入はPASTEL RECORDS STOREページまで!

http://pastelrecords.cart.fc2.com/ca4/258/p-r-s/







 - NEWS, ストア情報 , , ,