PASTEL RECORDS

「好奇心とやすらぎの音楽」というキーワードで、エレクトロニカ、フォーク、アコーステックを中心に世界のインディペンデント・ミュージックを紹介しております。

「 REVIEW 」 一覧

Eyolf Dale『Return To Mind』(Edition Records)

叙情性と探検的な即興スタイルが結びついた、詩的かつ表現豊かなアンサンブル ノルウ ...

Frida Ånnevik「Her Bor」(Grappa)

神秘的な雰囲気を纏った演奏と、ほのかな感傷が心地よいサードアルバム ノルウェーの ...

Frida Ånnevik「Synlige Hjerteslag」 (Grappa)

Jaga JazzistのAndreas Mjøsプロデュースのデビュー作 ノル ...

Seabuckthorn『Turns』 (Lost Tribe Sound)

牧歌的な緩やかさと表裏一体となった、ダークで緊張感ある音響空間 2018年頃から ...

Michael Seyer『Bad Bonez』(Après-midi Records)

スウィート・サイケデリアが心地よいべッドルームAOR カリフォルニアを拠点とする ...

Grouper 『Grid of Points』(kranky)

感情的な静寂に織り込まれた脆く崩れ落ちそうなハーモニー 前作『Ruins』で、こ ...

Josephine Foster『A Wolf In Sheep's Clothing』(Fire Records)

クラシック音楽、フォーク・ミュージック、ホワイト・ノイズの素晴らしい衝突 「羊の ...

Josephine Foster『No More Lamps In the Morning』(Fire Records)

Josephine Fosterの歌い紡ぐ、放浪の音楽と、ルーツの音楽 『No ...

【全曲解説】Fábio Caramuru『EcoMúsica | Aves』(flau)

ブラジル・サンパウロ出身のピアニストで、ブラジル国内にて、アントニオ・カルロス・ ...

Stray Teories『All That Was Lost』(n5md)

流麗なギターとエレクトロニクスによるシネマティック・アンビエント・サウンド ニュ ...

Antti Tolvi『Pianoketo』(Fonal)

Antti Tolviのこれまでの人生の息遣いを重ね合わせたかのようなサイケデリ ...

Raoul Vignal『The Silver Veil』(Talitres)

ジャケットの佇まいを裏切らない素敵なデビュー作。 フランスのリヨン出身のシンガー ...

Ivana Gavric『Chopin』(Edition Records)

繊細さとダイナミックな演奏が安心して聴ける正統派ピアノ作品 ボスニア・ヘルツェゴ ...

Marcus Fischer & Simon Scott『Shape Memory』(12k)

異なる音楽的な背景が交わり合う有機的で密度の高い、ナチュラルプログレッション ニ ...

Memum『Confidence』(mü-nest/Unperceived Records)

植物の美しさ、複雑さと交わる人の感情の多様性を映し出すドリーミーな作品 ドイツ人 ...

Emma Tricca『St. Peter』(Dell'Orso Records)

引き語りスタイルから、覚醒感に満ち溢れた幻想的なフォークロック作 ローマ出身、ロ ...

Ranato Motha e Patricia Lobato ヘナート・モタ & パトリシア・ロバート『Dois em Pessoa volume Ⅱ』(Independent)

ヘナート・モタ&パトリシア・ロバートの本作は、深く芸術的な香りがあり、本当に幸せ ...

Nitai Hershkovits ニタイ・ハーシュコヴィッツ『New Place Always』(AGATE)【音楽CD/ジャズ/ピアノソロ】

爽やかな風が吹くように、澄んだ音色と清らかに舞うピアノがただただ美しい イスラエ ...

【STORE販売中】Richard Horowitz『Eros in Arabia』(Freedom To Spend)

パーカッシヴな反復リズムのスペーシーで瞑想的な世界! Pete Swanson ...

【STORE 販売中!】Scott Tuma『Hard Again / The River』(Scissor Tail)

土地の香りや風景、郷愁を感じさせる映像的でミニマルなフォークサウンド 心に染み入 ...