Lori Scacco(ロリ・スカッコ)Interview〜「Circles」は、私にとって正直で、欠点があり、あるがままなのです。

サヴァス・アンド・サヴァラスのメンバーであるEva Puyuelo Munsとのデュオ、Stormsとして活動中の、アメリカ人女性アーティストLori Scacco(ロリ・スカッコ)のインタビューを「公園喫茶」「FOUNDLAND」で公開中です。

かつてToo Pureから作品をリリースしていたSeely(ぜひ彼らのラストアルバム”Winter Birds”を聴いてほしい)のピアニスト/ギタリストをつとめ、現在は、サヴァス・アンド・サヴァラスのメンバーであるEva Puyuelo Munsとのデュオ、Stormsとして、さらにはHelado Negroのライヴ時のバンド・メンバーとしても活動している女性アーティスト、Lori Scacco(ロリ・スカッコ)の唯一となるソロ作品「Circles」が昨年末、ついに再発されました。長年この作品の再発を願っていた一人として本当に嬉しい限り。

というわけで、「公園喫茶」「FOUNDLAND」ではこの「Circles」に焦点をあててロリさんにメールでインタビューを行いました。どちらもインタビュー内容にあまりダブりがないのでぜひ両方読んでいただけると、また作品の聴こえ方が違ったものになるのでは?いろいろ協力してくれたPLANCHAの国井さん、flau1オーナーに感謝。STOREの方でも「Circles」が再入荷いたしました!ぜひ多くの方に聴いていただきたいです。

▼公園喫茶
【インタビュー】Lori Scacco(ロリ・スカッコ)〜「Circles」は、私にとって正直で、欠点があり、あるがままなのです。
http://www.pastelrecords.com/koencafe/?p=2202

[browser-shot width=”600″ url=”http://www.pastelrecords.com/koencafe/?p=2202″]

▼FOUNDLAND
LORI SCACCO – INTERVIEW
http://foundland.us/archives/1289

[browser-shot width=”600″ url=”http://foundland.us/archives/1289″]

PASTEL RECORDS STOREはこちら!


PASTEL RECORDS STOREは、「好奇心とやすらぎの音楽」というキーワードで、世界のインディペンデント・ミュージックより、美しく、個性的で、心がこもっていて、気取っていない、日々の生活の中でも、やわらかな刺激を与えてくれる心地よい音楽をセレクトしご紹介しております。
関連記事