PASTEL RECORDS

「好奇心とやすらぎの音楽」というキーワードで、エレクトロニカ、フォーク、アコーステックを中心に世界のインディペンデント・ミュージックを紹介しております。

ACA SECA TRIO「ACA SECA TRIO BEST」〜現代アルゼンチン・フォルクローレの最高峰を知ることができる決定盤!

      2016/08/15

aca_l

ソロとしても素晴らしい活躍をしている、フアン・キンテーロと、アンドレス・ベエウサエルト、そして、リリアナ・エレーロらの演奏メンバーとしても知られる打楽器奏者のマリアノ・”ティキ”・カンテーロの3人による、アルゼンチン・コンテンポラリー・フォルクローレを代表する黄金のトリオ、アカ・セカ・トリオ。

日本においてもその存在については知られてはいたのですが、いかんせん彼らの代表作とも言える初期2作がなかなか手に入りにくい状況はとてももどかしいものではありましたが、なんと!初来日に合わせて、傑作2ndアルバム「AVENIDO」から全15曲、再発売が切望された1stアルバム「ACA SECA TRIO」から3曲を除いた全27曲を収録した決定盤『ACA SECA TRIO BEST』がリリースされました。本当に嬉しい!

収録曲は現代屈指の作曲家と評価の高いフアン・キンテーロの作品が半数を占める中、ウルグアイの巨匠ウーゴ・ファトルーソ、リトラル音楽の重鎮ラモン・アジャラ、クチ・レギサモンらの古典的名作から、現代アルゼンチン・フォルクローレ界の最重要コンポーザー、カルロス・アギーレやホルヘ・ファンデルモーレの作品、メンバーのアンドレス・ベエウサエルトの作品まで。2000年以降、アルゼンチン・フォルクローレの特徴である、スタンダードとオルタナティヴが自然な形でクロスオーバーした、21世紀以降のアルゼンチン・フォルクローレのを代表する作品といっても大袈裟ではないです。

また演奏に関しても個々に活躍するインストゥルメンタリスト3人による鉄壁のアンサンブルが素晴らしく、時にコーラスによるハーモニーを交えながらの、複雑でアグレッシヴな演奏をしているにもかかわらず、なんでこんなにも胸のすくような爽快感と、牧歌的な心地よさなんだろう。本当に嬉しくって泣けてきちゃう…そんなうたごころと、演奏によるアンサンブルが奇跡のように結びついた、彼らだからこその、美しい音楽。

カルロスアギーレとともに、現代アルゼンチン・フォルクローレの象徴ともいうべきトリオの名作でありながら、なかなか手に入りにくかったACA SECA TRIOのファースト、セカンド作がまとめて聴けるベスト作、文句なしに今、手に入れるべき作品です。

▼ACA SECA TRIO「ACA SECA TRIO BEST」購入はPASTEL RECORDS STOREページまで!

2016-08-13 12.39.05








 - REVIEW, ストア情報 , , ,