PASTEL RECORDS

「好奇心とやすらぎの音楽」というキーワードで、エレクトロニカ、フォーク、アコーステックを中心に世界のインディペンデント・ミュージックを紹介しております。

The Green Kingdom「Expanses Remixes」(DRONARIVM)

      2019/03/25


もうすっかりエクスペリメンタル〜アンビエントジャンルにおいて、安定したリリースで存在感が増しているロシアのレーベル、DRONARIVM。そのDRONARIVMから、2014年にリリースしている、The Green Kingdomの作品「Expanses」が5周年記念盤として、Segue、Tobias Hellkvist、Hotel Neon他全10組の個性ある音楽家によるリミックスを追加し(Segue、Tobias Hellkvistは、2014年にデジタルダウンロードのボーナストラックで既に発表済)リリースされました。

デトロイトミシガン州を拠点とするグラフィックデザイナー兼ミュージシャン、Michael Cottoneのソロプロジェクトとして、2006年に「Meadowview」で活動をスタートしたThe Green Kingdom。その後、フランスのSEMを始め、The Land Of、Own Records、Home Assembly Music、Tench、Nomadic Kids Republic、Lost Tribe Sound、Sound In Silenceなど、感度の高い、インディペンデントレーベルからコンスタントに作品を重ねてきています。

「Expanses」については、公園喫茶のレビューで紹介していますので、そちらを是非ご参照ください。

The Green Kingdom : Expanses (DRONARIVM/DR-18)

リミックスの面々も、おそらくMichael Cottoneのインスタグラムで本人がレコメンしていた、シューゲイズ・バンドAuburn Lullや、オランダのユニットFunckarmaのRoel Funcken、フランスのミニマル・ダブ/テクノ・アーティスト・ローラン・ビッシュによるソロ・プロジェクト、 Fingers In The Noiseなど、収録曲の半分は、シューゲイズ、IDM、エレクトロニカ、ミニマルテクノといったアーティストの個性が表れたリミックスらしい好内容。そして、同じDronarivmからリリースしている、UKのアーティストRyan BissettによるHalftribeからは、ノンビートのアンビエントトラックが続きます。The Green Kingdom自身によるトラックや、スペインのレーベル、ArchivesのオーナーでもあるAgustín Menaのプロジェクト、Warmthなど、リミックスアーティストを見ると、レーベル同士や、アーティストのコミュニティーの相関図を見ているようで面白いです。

PASTEL RECORDSストアで販売中です








 - REVIEW, エクスペリメンタル, エレクトロニカ, ストア情報 , , ,