PASTEL RECORDS

「好奇心とやすらぎの音楽」というキーワードで、エレクトロニカ、フォーク、アコーステックを中心に世界のインディペンデント・ミュージックを紹介しております。

The Phonometrician「Mnemosyne」(Lost Tribe Sound)

   


ふいに、William Ryan Fritchや、The Green Kingdomの作品をリリースしている、Lost Tribe Soundのサイトを覗いた時に、ハッとするようなアートワークが目に入ってきた。メキシコシティを拠点とするマルチインストゥルメンタリスト/映画作曲家Carlos Moralesによる、The Phonometricianのデビュー作「Mnemosyne」である。

過去にデジタルのみで音源を発表していますが、本作がオフィシャルでの最初の作品となります。フィンガーピッキングのアコースティックギターを中心とした演奏に、チェロや、古いモノクロの映像を見ているようなイメージのエフェクトされたノイズを背景に、音響とリズムのより実験的なブレンドによって、アメリカーナのような心地よさと、シネマティックな情景、そこから滲み出るもの悲しさを生み出している。ダークな印象もあるけれど、不思議と嫌な聞き辛さはない。

そして、作品のアートワークは、William Ryan Fritchの作品アートワークでも知られるブラジルの芸術家/イラストレーターのJoãoRuasによるもの。現代の環境の中に置かれているファンタジー世界のキャラクターを描いた彼のドローイングは、作品タイトルの「Mnemosyne」〜ギリシャ神話に登場する女神「ムネモシュネ〈記憶〉を擬人化した女神」から取られたタイトル〜とも見事にリンクしています。








 - PICK UP! REVIEW, アコーステック, エクスペリメンタル, フォーク , , ,