PASTEL RECORDS

「好奇心とやすらぎの音楽」というキーワードで、エレクトロニカ、フォーク、アコーステックを中心に世界のインディペンデント・ミュージックを紹介しております。

(11/17)出張販売のお知らせ〜音の繭 / COCOON OF SOUND

      2018/11/03

David Cordero & dot tape dot、そしてCheekboneのライヴイベントにBGM & SHOPで参加いたします。

イベントは二部構成となっており、14時からライヴスタートまで、会場内の音楽を担当いたします。もちろん販売の方も行いますよ。またこの時間は、入場無料となってますので、本当は、ライヴ込みでお越しいただきたいんですが、お気軽にお立ち寄りいただけると嬉しいです。

David Corderoについては、2016年末に、Home Normalからリリースした「El Rumor del Oleaje」のレビューを書いてますので、ぜひ参照ください。アルゼンチンの federico durandさんもHome Normalのサイトで、コメントを寄せているほど。そんなフェデリコさんも魅了する、オーガニックでシンフォニックな調べをぜひ体感していただきたいです。

そして、dot tape dotと聞いて、懐かしい!という方も多いのでは?実のところ、David Corderoの作品を調べていて、dot tape dotと繋がったことは同じスペインだしありえないことではないんだろうけど、なんだか嬉しかったなぁ、2005年作の「Paintings」を始めとする彼の作品は、アコーステックと電子音の柔らかな結びつきがサウンドとなった、チャーミングで美しいものばかり。近年は、2013年にリリースした、David Corderoとのコラボ作品「Brumaria」以降は作品をリリースしていないのが残念ですが、来日を機に、dot tape dotの音楽の再評価につながればいいなぁと期待しております。

【お詫び】2017年に「seep」という作品をPLOPからリリースしておりました!これが最新作です。お詫びして訂正いたします。

Cheekboneのライヴも本当に楽しみ。実のところ今回のイベント、彼のライヴが一番来てくれた人の評価が高くなるんじゃないかと密かに思うところも…。とにもかくにも日+月+星さんの心地よさと相まって、このイベントには小難しい知識は全く必要ありません。心地よい雰囲気をぜひ楽しんでいただきたいです。

※イベントの詳しい詳細は、sukima industriesをご確認ください。

音の繭 / Cocoon of Sound
David Cordero & dot tape dot Japan Tour in Nara

2018.11.17 (Sat)
at 奈良 日+月+星(sun+moon+star,Nara)
open:14:00 / Live start 16:00 / Close 18:00
charge:2000yen(Live) 予約不要

Part.1
Listening Room Cafe (BGM & SHOP by Pastel Records)
14:00-16:00
admission free(part.1のみでご来場の方は入場無料)

Part.2:
Live Performance
16:00-18:00
Charge:2000yen

acts: David Cordero(ES) / dot tape dot(ES) / Cheekbone(JP)

Drink:透明Bar (invisible Bar)

<開催によせて>

『音の繭』は、電子音楽やドローン、アンビエントミュージック等の空間的で繊細なサウンドを、音に浸りながらじっくりと味わって頂くライブイベントです。

2部構成にてお届けする今回は、まずpart.1にて、奈良発のオンラインレコードショップ・Pastel Recordsが選曲する音源を聴きながら開演までの時間をお過ごし頂きます。
「好奇心とやすらぎの音楽」をテーマに、世界の良質なインディペンデント・ミュージックの発掘・紹介を行う、同店選りすぐりの音源をお茶やお酒と共にぜひご堪能ください。
店主お薦めのCDが購入できるSHOPも展開予定ですのでこちらもお楽しみに。
(なお、part.1のみでのご来場の方は入場無料となります)

本イベントのメインプログラムとなるpart.2では、スペインから来日の2名のアーティスト、David CorderoとDot tape dot 、そして奈良出身の電子音楽家Cheekboneがライブパフォーマンスを行います。

アルゼンチンの音楽家 federico durandも賛辞を送った作品『El Rumor del Oleaje』にて静謐でシンフォニックなサウンドスケープを描いたDavid Corderoと、対照的にポップな電子音やアコースティック楽器などによりカラフルな音楽を紡いできたDot tape dot 、そして10年ぶりの新作『つかの間 』で繊細でドリーミーな内的世界を創造したCheekbone、三者三様の個性が独自のアンビエントミュージックを展開致します。

会場は、奈良きたまちエリアの閑静な住宅地にひっそり佇むスペース[sun+moon+star]です。
かつてこの地に暮らしたピアニストが自宅に築いた小さな木造の音響空間は、親密さと温かみのある、リラックスして音を楽しむための最良の環境といえます。
素晴らしき三名のアーティストのサウンドをぜひこの空間でご体験ください。

ご来場お待ちしております!

主催:sukima industries








 - BLOG, 出張販売日程