FEDERICO DURAND「Alba」(12k)

ブエノスアイレス出身でラ・クンブレ(コルドバ)在住の音楽家、FEDERICO DURANDの音楽は、2009年に、マレーシアのmu-nestコンピに参加後、2010年に、spekkからのファーストアルバム「La siesta del ciprés」で、日本でも知られることになる。

「La siesta del ciprés」以降、FEDERICO DURANDは、ソロ、コラボレーション含め、10年以上に渡り、沢山の作品を作り続けている。アンビエント作品としては異例ともいえる日本でのセールスはもちろん、世界中で、彼の音楽は、とても評価されている。だけど、とある海外のインタビューで、「本当にいつも仕事をしていて、夜や昼間の5、10分の空き時間に音楽を作っているんだ」「早起きして、仕事に行く準備をする前に、寝る前に作ったミックスを聴いているんだ」といった内容を見て、思わず笑ってしまったけれど(馬鹿にしてると誤解されちゃうと嫌だから補足すると、私自身、pastel recordsの運営は、日々の生活の合間に行っていて、別の仕事の出勤前に、出荷作業したり、写真撮影したり、夜中にレビュー書いたりしているから、フェデリコの言葉に、親近感を抱いた、ということです。)、彼の音楽の魅力の一端でもあるなとも思った。

そういえば彼は、松尾芭蕉に憧れを抱いていて、2度目の来日時、奈良公演のあとに、松尾芭蕉の生家を訪れたくらいなのですが、そんなフェデリコは、音楽だけでなく、その人柄も含め、多くのファンに慕われているけれど、松尾芭蕉も、謙虚で自由な人、他を認めることのできる人であり、多くの門弟に慕われていたという点、また、わびさびを好み、シンプルな言葉で句を詠んでいたという部分も、フェデリコの作品に通じるところを感じる。

エクスペリメンタル/アンビエント・ミュージックのシーンにおいて、今も昔も変わらず重要なレーベルの一つ、ニューヨークの〈12K〉レーベルよりリリースされた、FEDERICO DURANDの最新作「Alba」。「Alba」とはスペイン語で、一日が始まる、太陽が昇る前、最初の光が現れ、すべてのものが、魔法のように見える瞬間のことを意味します。いつもながら、音楽工芸品のようでもあり、詩的であり、言葉では説明できない、儚さや、心模様をスケッチしているようでもあるフェデリコの音楽。

今回も、クレジットには、ソニーTCM 200-DV(テープレコーダー)、ポータブル・シンセ、オルゴール、コンタクトマイク、ゆりかごのおもちゃ、ローランドスペースエコーRE-201、ARPシンセサイザー、エレクトリックピアノとおもちゃのピアノ…などなど、彼の音楽を支える機材が名を連ねている。それは、人から見れば、なんら特別なものではないのかもしれない。費用のかかるオーケストラを使っている訳でもなく、豪華なスタジオで録音されたわけでもない。音数は少なく、一つの音の余韻がより一層静寂を誘う。音そのものに、何かが宿っているような、響き、揺らぎ、それは多くの人が天上のサウンドと呼ぶように、メロディーを通じて感じるものとはまた違っている。

誤解を恐れずにいうと、フェデリコのサウンドは、決してシンプルでわかりやすいものではない。ともすればシンプル=わかりやすさが善であるかのようなムードが音楽だけでなく様々な分野でも、もてはやされているような気がするが、それは誤解であると言って良い。わかりやすさは、思考や発想の無個性化にすぎない。でもフェデリコのサウンドは、シンプルだけれど、わかりやすさとは、言葉の意味が違いすぎる。この「Alba」を聴いていると、環境に響く何かとフェデリコの中で繋がった複雑な感性を、即興で音に落としこみ、作為なく統合ししてるのがよく伝わってくる。だからどんな微細な音の変化も、音の余韻がきらびやかで、あたたかい。例えば、もし、ひだまりの中から音が聞こえてきたとしたら?きっとFEDERICO DURANDの作品で聴かれる音なのかもしれない。

「Alba」は、アルバム全体で楽しむ作品というよりは、時々断片的に、その時々を楽しむ作品だと、勝手に解釈している。正直これまでの作品ほど、一気に作品を通しでは聴けなかった。それは、作品がダメとかではなくて、一つ一つの音そのものの深さに集中し、また作品の音以外の、”耳が戻った時”の余韻を楽しみたいから。すこしづつ聴くことを私はおすすめいたします。

アートワークは、北アイルランド出身のデザイナーで、現在はグラスゴーを拠点に活動している、Emer Tumilty。建築とビジュアルコミュニケーションの両方のバックグラウンドを持つ彼女の作品は、今の12kレーベルに新鮮なイメージを与えている。

A1. Alba
A2. Postal de las Islas Feroe
A3. Comenzó a nevar
A4. Un pequeño bosque de lengas
A5. Poesía inédita de Aina Adelborg
A6. Junto al hogar a leña
B1. Tape-loop para Otti Berger
B2. La caja de fotos y recuerdos
B3. Un gato escondido entre las plantas
B4. Té de jazmín
B5. Luna moth (Actias luna)
B6. Ua
B7. La aventura del zorro gris
B8. Jardín de musgo

PASTEL RECORDSストアで販売中です
PASTEL RECORDS STOREはこちら!


PASTEL RECORDS STOREは、「好奇心とやすらぎの音楽」というキーワードで、世界のインディペンデント・ミュージックより、美しく、個性的で、心がこもっていて、気取っていない、日々の生活の中でも、やわらかな刺激を与えてくれる心地よい音楽をセレクトしご紹介しております。
関連記事