Balmorhea「Balmorhea」〜現実のすぐ隣りに潜む夢見心地な世界


AMIP-0054_web

text : Kenji Terada (PASTEL RECORDS)

今やポストクラシカルシーンで人気の米国テキサスの6人組Balmorhea(バルモレイ)。彼らの2012年リリースの最新作「stranger」では、よりポストロックの要素を加えたダイナミックなサウンドに進化していて、今後の作品リリースが待ち遠しいのですが、そんな中、彼らの新作EP「HEIR」と、Balmorheaが2007年に自主制作でリリースしていたファーストアルバムが、Western Vinylより再リリースされた。本来だったら、彼らの最新サウンドをわくわくしながら聴くところなんですが、今回に限っては、セルフタイトルでのファーストアルバム「Balmorhea」が聴ける、ということの方が実は嬉しかったりするのです。

彼らの作品を初めて聴いたのが、2008年リリースの「Rivers Arms」。聴いた時は本当に素敵な気持ちにさせてくれたことを今でも思い出す。これまでライヴ盤も含め、6枚の作品をリリースしているんだけど、どれが一番オススメですか?と聞かれたら、迷うことなく「Rivers Arms」をおススメするだろうな〜。そんなにテクニカルではないんだけど、シンプルに奏でられるピアノの一音一音が美しく、朴訥とつま弾かれるギターの旋律は何とも心地よい牧歌的なムードを漂わせる。そこに、Erin Lance、Aisha Burnsによるチェロ/ヴァイオリンが優雅さと哀感を与えている。仰々しくないアレンジもいいし、のちのポストクラシカルの要素が、ほど良いバランスで作品の魅力を引き立てている。

私自身、その時はてっきり「Rivers Arms」がファースト作かと思っていたんですが、実際は、「Rivers Arms」の1年前に、今回、紹介するファースト作「Balmorhea」が出ていたことを知ったのは、既に入手困難になっていた後…。もともとは、ロブ・ロウとマイケル・ミュラーによるデュオとしてスタートしたBalmorhea。彼ら2人だけで作り上げた最初で最後の本作は、宅録レベルの環境なのかな?と思わせる、音質の楽曲もあるんですが、いやいや、そんなことがマイナスにならない、それ以上にぬくもりあるパーソナリティーに溢れた魅力がこの作品にはあるのです。

「Balmorhea」には「Rivers Arms」に収録された楽曲とダブっているものが1曲あってそれは、2曲目に収録されている”Baleen Morning”なんですが、きちんとしたスタジオでクリーンな音質にになった「Rivers Arms」にはない、素朴で慎ましやかな演奏が収められている。ギターの逆回転のSEではじまるこの曲は、短いながらも何度聴いても心がキュンと切ない気持ちにさせてくれるのですが、「Rivers Arms」では、主旋がヴァイオリンで、ファースト作では、ピアノでどちらもゆっくり丁寧に語りかけるように弾いている。優雅にストリングスを交え…っていうのもたしかに良いんですけど、個人的にはファーストにおける、パーソナルな感情が込もった、ストレートなピアノの演奏の方に、なんだか心動かされてしまう。

他の楽曲も、鳥のさえずり、雨の音、タイピングや波の音などが織り込まれており、限られた環境の中でも、とても丁寧に録音やアレンジが練られて作られている。あと、2人の奏でる、ギターとピアノが本当に美しいんですよね。それとアルバム後半で聴ける”If You Only Knew The Rain”なんかは、現在のBalmorheaに通じる世界観が既に現れていて、こじんまり牧歌的なアコーステックデュオでは収まらない、彼らの才気ある試みが既にファーストで描かれているのは驚きです。

ファーストアルバムはある意味、二度と戻ってこない日々の集大成的な部分も感じることがある。この「Balmorhea」で描かれている世界は、きっと現在のBalmorheaにはもう表現することができないだろうし、する必要もないのでしょう。だから余計にこの作品を愛おしく感じてしまう。

このファースト作品をリリースしたことによって、彼らは、「Rivers Arms」へと飛躍することができ、そしてまたそこからさらに大躍進してゆくのですが、それと反比例して、私の興味はますます萎んでゆくことに…。とまあそんなことは置いといて、とにもかくにも先入観抜きにぜひ彼らの心のこもった、切なく優しい、牧歌的なメロディーに耳を傾けてみてください。あと日本での流通盤には、ボーナストラック2曲(ニルス・フラームによる“Attesa”のリワークと2014バージョン)のダウンロード・クーポンがついていますよ。

20141203_230001

20141203_230414

■ アーティスト:Balmorhea
■ タイトル:Balmorhea
■ レーベル:Western Vinyl
■ 品番:AMIP-0054
■ ジャンル:フォーク/ポストクラシカル
■ リリース年:2014年(オリジナルは2007年リリース)

<収録曲>

01. Attesa
02. Baleen Morning
03. Dream of Thaw
04. In The Rowans
05. A Circumnavigation
06. En Route
07. If You Only Knew The Rain
08. And I Can Hear The Soft Rustling…
09. We Will Rebuild With Smooth Stones

Balmorhea「Balmorhea」はPASTEL RECORDSでご購入頂けます!

購入はコチラ

 


2014-12-03 | Posted in 音楽レビューComments Closed 

関連記事