PASTEL RECORDS

「好奇心とやすらぎの音楽」というキーワードで、エレクトロニカ、フォーク、アコーステックを中心に世界のインディペンデント・ミュージックを紹介しております。

Richard J. Birkin「Vigils」〜甘美な陶酔感と共に紡がれる、祈りのメロディー

      2016/03/26

vigils_sleeve_08-RB2-Lirico
以前、このサイトの方でもご紹介した、かつてはエンフェメトリー名義で作品をリリースし、今年、ソロ名義で、音楽と詩のコラボレーション「Songs For Spoken Words」を発表していた、UKダービーのミュージシャン、Richard J. Birkinが、初となるフル・アルバムをリリースいたしました。

ヨハン・ヨハンソンやダスティン・オハロランなどのライヴで活躍し、レディオヘッド、ジェイミーxx、ヴァンパイア・ウィークエンドとのコラボレーションで知られる実力派弦楽団イスクラ・ストリング・カルテットと、デルヴェンティオ・カルテットによる弦楽四重奏を中心に、バーキン自身が奏でるピアノ、アコースティック・ギターとが絡み合う優雅なアンサンブル。

ノッティンガム市議会からの委託によるインスタレーションのための作品「Night Sun」や作品全体のテーマなどは、とても心締め付けられるようなものなんですが、ただ彼の奏でる音楽には重苦しい重厚感のようなものはなく、幾つかは、Goldmund、ダスティン・オハロランを思わせる、感傷的なピアノだったり、爪弾くアコーステックギターの美しい響きとストリングスとが牧歌的に結びつき、まるでシンガーソングライターの歌モノ作品のような歌ごころあるメロディーが、アルバム通して連なっていて、まるで祈りのメロディーように聴き手を後押ししてくれている。

特に、唯一のヴォーカル・トラックである「Moonbathing」はこの作品のハイライトと言ってもいいくらい、聴くものの胸に印象深く迫ってきます。感傷をそっと撫でるような爪弾くアコーステックギターから始まり、ストリングスとともに、一定のメロディーが繰り返される、徐々に膨らむ感情をぐっと抑えながら、やがて、ルーファス・ウェインライトを思わせる歌声がそっと入ってくる。メロディーが繰り返される展開は変わらず、再びストリングスや、コーラスが加わり、甘美な陶酔感で包み込む…。

まだRichard J. Birkinは、多く知られている存在ではないですが、Tamas Wells、Radical Face、Scott Matthewなど、多くのサッドソングを日本で紹介している、Liricoも、ゴールドムンドと比肩する内容と、自信を持ってプッシュする確かな逸材です。近年のリリースペースからして、今後ますます注目の存在となることでしょう。


01. Atomhög
02. The Human Voice
03. Accretions
04. Vigil I
05. Vigil II
06. Vigil III
07. Moonbathing
08. A History Of Good Ghosts
09. Night Sun
10. Vigil V
11. Vigil VI

▼Richard J. Birkin「Vigils」購入はPASTEL RECORDS STOREページまで!

2015-12-16 18.47.09








 - REVIEW, ストア情報 , , ,