望郷の調べのような、Elintseekerの繊細な音世界〜Elintseeker「Geography Of The Heart」

plop19_1500

text : Kenji Terada (PASTEL RECORDS)

 
シンガポール在住ファズ・リー(Fuzz Lee)によるソロプロジェクト、Elintseekerの新作「Geography Of The Heart」がリリースされた。

彼の前作は、2012年にリリースされた「By the sea」という作品なんですが、おそらくシューゲイズを通過したであろう、ギターを主に使い描いた淡いアンビエント作で、ジャケット同様の美意識を感じさせるものの、正直なところ、特に印象に残る…というような作品ではなかった(スミマセン)。「いろのみ」の柳平淳哉、シンガポールのバンドThe Observatoryの、Leslie Low(彼のソロ作「No such thing as ghosts」は素晴らしいですよ)らが参加していて全然、悪い作品というわけではなかったんですが…。

ゆったりとしたドローンは一聴すると誰にでもできるのではないだろうか?とつい思ってしまうのですが、例えば、書道で、漢字の”一”という字を書くのは簡単かもしれないけど、線の太さや強弱による表現の変化、墨の濃淡による表現の工夫、そしてイメージに合わせて、いろいろな線で書に表情を生み出すことができる。それを芸術として、どう素晴らしいと感じさせるかは、アーティストの感性や技術、経験を含めた多様性を、いかにして説得力ある形でアウトプットするか?受け手を白けさせないか?ということになるのではないでしょうか。

2012年に「Shimmering of heated air EP」、2014年に、ドイツのRené Margraff (Pillowdiver) 、カナダのSamuel Landry (Le Berger)とのプロジェクト、Fauresでhome normalより「Continental Drift」という作品をリリースしていますが、オリジナル作としては、約3年ぶりとなるリリースの、「Geography Of The Heart」。これまで以上に、多くのゲストミュージシャンが参加しています。

Krankyレーベルからのリリースでもおなじみ、Jessica Bailiff、Maps & DiagramsのTim Martinとのデュオ、Bluhmのメンバーで、マケドニア出身のシンガーGenoveva Kachurkova、日本からはKilk Recordsからリリースしている、Ferri、フジモト・シュンイチロウ(Fjordne) と前作に続き、柳平淳哉(いろのみ)、シンガポールからは、サウンド・アーティスト Darren Ng (sonicbrat) とVictor Low (Affixen)、Richard Chartierが主宰するミニマルサウンドアートレーベルLineからリリースしている、シューゲイズ・アンビエント・ユニットlovesliescrushingのギタリストSoctt Cortez、オーストラリア出身の実験音楽家のCharlie Sage (Year Of The Ox, Hessien)、そしてフランスからはジャズギタリスト・即興音楽家のNoël Akchoté、等、実に多彩である。

そしてこの新作で披露されているのが、Elintseekersのこれまで内包されていた歌心が露わになっていること。蜃気楼のようなアンビエントに加え、アコーステックギターの爪弾く音色がたおやかに溶け合う。時にバンドサウンドも垣間見せ、これまでのアンビエントサウンドとは違う、シンガーソングライター的な側面も。境界線の曖昧さが実に心地よい。

ここまで多彩なゲストとレコーディングを重ねるというのも今の時代のなせる技かなと思うのですが、どこか参加しているゲストに対し自身をさらけ出すことによって、Elintseeker本来の姿が浮かび上がってきているように思うし、この作品で積極的にアーティストと交流することの狙もそんなところにあるのではないかと思ってしまう。そして参加アーティストのカラーも、Elintseekerの表現を受け入れるかのように美しく溶け合っていて、新たなElintseekerの魅力として聴くものをうっとりさせてくれます。

「Geography Of The Heart」のジャケットに使われている、雨に煙る海の写真を眺めていると、望郷の調べのような、Elintseekerの繊細な音世界が伝わってくる。そんなイメージと、実際のサウンドとが相まって、どこかここではない遥か遠くに想いを馳せてしまうのです。

▼Elintseekers「Geography Of The Heart」購入はPASTEL RECORDS STOREページまで!

2015-11-25 22.27.04

2015-07-28 | Posted in 音楽レビューComments Closed 

関連記事