PASTEL RECORDS

「好奇心とやすらぎの音楽」というキーワードで、エレクトロニカ、フォーク、アコーステックを中心に世界のインディペンデント・ミュージックを紹介しております。

Hammock「Mysterium」(Hammock Music)

      2017/09/24

Hammock作品の中で最も美しく響く、悲しみの中から生まれたレクイエム

厳かな、でも清らかで何か心満たされるような、神聖なハーモニーで始まる、Hammockの最新作「Mysterium」。90年代後半に活動をしていたバンド、Common Childrenのメンバー、Andrew Thompson、Marc Byrdによってスタートした、Hammock。 Sigur Ros、Cocteau Twins、Ulrich Schnaussや、Helios、Eluviumなど、美しい幽玄サウンドを奏でるバンドが好きな人だったら間違いなくチェックして欲しいグループです。ポストロック、シューゲイザーを通過した、ギターサウンドを中心とした、幽玄的なフィードバックが持つ、淡いアンビエントな心地よさ、そして、よりメランコリックな旋律が琴線を煽りまくるストリングス、ドラム、そしてヴォーカルハーモニーが加わった、ドラマチックて感動的な展開が毎作ごとに聴き手を裏切りません。

本作「Mysterium」は、いわゆるドラムを使用した、バンドサウンド的アレンジがラストのみなので、近年Hammockサウンドに反映されている、ポストクラシカルな要素が濃い作品とも言えるもので、A Winged Victory For The Sullenに参加しているFrancesco Donadelloや、「Iris」のオーケストラに関わっている、Roman Vinuesaのトランスレーションによる、ブダペスト・アート合唱団、そして、ナッシュヴィルレコーディングオーケストラなど、これまで以上に専門性の高い面々が参加しています。

ただHammockの場合、オーケストラが加わったとしても、これまでの良さが消されることはなく、これまで以上にストリングスの響きにリアリティーがあり、より深くポストクラシカルの深遠さが、Hammockサウンドと結びつき、感動的な空間を築くことに成功している。だからこそ余計にラストのバンドサウンドでの”This Is Not Enough (Epilogue)”がぐっと込み上げてくるのかもしれません。この作品は、メンバーのMarc Byrdの息子のような存在だった友人に不幸があったことで、その悲しみの中から生まれたレクイエムとして制作された背景があるのですが、Hammockの作品の中で最も美しい作品と言えるものです。

<収録曲>
01. Now and Not Yet
02. Mysterium
03. When the Body Breaks
04. Things of Beauty Burn
05. I Would Give My Breath Away
06. Remember Our Bewildered Son
07. Dust Swirling into Your Shape
08. Numinous
09. For My Sister
10. Elegy
11. This Is Not Enough (Epilogue)

▼Hammock「Mysterium」購入はPASTEL RECORDS STOREページまで!








 - REVIEW, ストア情報 ,