PASTEL RECORDS

「好奇心とやすらぎの音楽」というキーワードで、エレクトロニカ、フォーク、アコーステックを中心に世界のインディペンデント・ミュージックを紹介しております。

静寂がもたらす癒やしの探求を経て辿り着いた、内なる自分と向き合える、淡いノスタルジー〜David Cordero「El Rumor del Oleaje」

      2016/01/07

a2364127450_10

スペインのバンドUrsulaの中心人物、David Corderoの最新ソロ作「El Rumor del Oleaje」が、Home Normalよりリリースされます。

Ursulaは、90年代から活動を続けいている、David Corderoをメインとした、ヴォーカルも入ったポスト・ロックスタイルでの作品をリリースしていたのですが、2009年の「Mejor seguir al silencio」(.tape.が参加)あたりから、エレクトリック〜アンビエント寄りの流れとなり、2010年の「Hasta que la soledad nos separe」、翌年リリースのEP「0」では、ポストクラシカル〜アンビエントな路線に。その後は、Marco Serrato(Orthodox)とのエクスペリメンタル〜ダークアンビエントデュオ、Jacobやソロ活動が中心となっています。

「El Rumor del Oleaje」は、2013年に、dot tape dotとのコラボ作品「Brumaria」(これはオススメ!)のカセットリリースと、「Orensanz B​.​S​.​O.」というシンフォニックなドローンが4曲収録のEP作品を出して以来、3年ぶり(2016年リリース予定だから)となります。

「El Rumor del Oleaje(波の音)」と題されただけあって、スペイン各地で採取した水の音のフィールドレコーディング(曲名には録音場所が記されています。)を所々で配置し、ギター、ベース、キーボード、コーラスなど、これまでの作品で聴かれた、ポストロックなバンドサウンドとはまた違った、オーガニックでシンフォニックなサウンドは、内なる自分と向き合える、淡いノスタルジーが緩やかに包み込む。その響きは、彼の求めるところの、”静寂がもたらす癒やしの探求”の一つの成果なのかもしれません。その作品の素晴らしさは、アルゼンチンの federico durandさんもHome Normalのサイトで、コメントを寄せているほど。

2015-12-05 11.44.18

この作品のパッケージは、水の音を録音する際に一緒に同行し撮影されたJuan A. Romeroによる写真をおさめた8ページブックレット付の、4パネルカードパッケージと、手が込んでいます。STOREには今月下旬頃の入荷予定となっております。

「El Rumor del Oleaje」

1. Rio Salado - Conil
2. La Casería - San Fernando
3. Peine del viento - San Sebastian
4. Ereaga - Getxo
5. Hondartzape - Mundaka
6. Punta del boquerón - San Fernando
7. Faro de Trafalgar - Barbate
8. Gaztelugatxe - Bermeo

▼David Cordero「El Rumor del Oleaje」購入はPASTEL RECORDS STOREページまで!

2016-01-07 23.05.51








 - REVIEW, ストア情報 , , , , ,