PASTEL RECORDS

「好奇心とやすらぎの音楽」というキーワードで、エレクトロニカ、フォーク、アコーステックを中心に世界のインディペンデント・ミュージックを紹介しております。

Balmorhea「Clear Language」(Western Vinyl)

   

11年のバンド活動を経た中で再び見つめ直した、Balmorheaの、あるがままの音楽

2006年に、テキサスは、オースティンにて、Rob LoweとMichael Mullerによってスタートした、Balmorhea。3枚目のアルバムから、6人編成のバンド編成となり、ポストクラシカルの叙情的なサウンドと、バンドならではの、ポストロックのダイナミックさとの中間に位置するサウンドで、これまで多くの評価を得てきました。

2012年の「Stranger」以来となる、6枚目となる本作「Clear Language」では、再び、Rob LoweとMichael Mullerだけでの制作に原点回帰したものとなっています。アナログシンセサイザー、ピアノ、ビブラフォン、エレクトリック&ベースギター、バイオリン、ビオラ、フィールドレコーディングによって生み出される本作のサウンドは、バンド編成による複雑なアンサンブルを避け、2人だけの、直感的な、そしてミニマリズムを追求することにより、より感傷的なトーンを浮かび上がらせたものになっている。

ここ最近、彼らのファーストアルバムが再発されましたが、本作への布石のようにも感じられる、内省的な佇まいと、ロマンティックさが憂愁のまどろみとなって、夕暮れ時に思わず空想したくなるサウンドが広がってゆく。シンプルさを追求するとバンドではなく2人になり、2人だからより心模様の根っこがリアルに滲み出てくる。Balmorheaとしてのあり方を、11年のバンド活動を経た中で、再び見つめ直した、今の、あるがままの音楽にいつまでも寄り添いたくなる作品です。

<収録曲>
01. Clear Language
02. Sky Could Undress
03. Dreamt
04. Slow Stone
05. Ecco
06. Behind The World
07. Waiting Itself
08. 55
09. All Flowers
10. First Light

【PASTEL RECORDS STORE】Balmorhea「Clear Language」(Western Vinyl)








 - REVIEW, ストア情報 , ,